RDPモジュールでのカメラ設定方法

A. Microsoft Remote Desktop クライアント

① ダウンロードしたRDP モジュールを右クリックし、「編集」を選択します。    

A1.png

② リモートデスクトップ接続の「ローカルリソース」のタブをクリックします。
③ ローカルデバイスとリソースの「詳細」をクリックします。
④ ビデオキャプチャーデバイスを選択して、「OK]をクリックします。
⑤ 「接続」をクリックすれば、接続が開始され、ID とパスワードの入力画面に遷移します。
 ※接続設定をRDPファイルに保存すると、RDPファイルは破損するため、カメラ設定は
​    (必要に応じて)毎回設定する必要があります。
    

A2.png

B. macOSクライアント

① ダウンロードしたRDP モジュールを右クリックし、「Microsoft Remote Desktop」で開きます。 

B1.png

② PCを編集のマーク       をクリックします。

B2.png
B3.png

③ 「デバイスとオーディオ」のタブをクリックします。
④ カメラを選択して、「保存]をクリックします。

B4.png

⑤ 「NEOREKA Cloud PC」をクリックすれば、接続が開始され、ID とパスワードの入力画面に
       遷移します。

B5.png

C. iOS/iPadOSクライアント

① ダウンロードしたRDP モジュールを「Microsoft Remote Desktop」で開きます。右クリックし
    「編集」を選択します。   

C1.png

② 「デバイスとオーディオのリダイレクト」のタブにカメラを選択して、「保存]をクリックします。

③ 「NEOREKA Cloud PC」をクリック
       すれば、接続が開始され、ID とパス
       ワードの入力画面に 遷移します。

C3.png
C2.png